今日のみ言葉
2022/7/17

■住所:

 〒699-5605、
 島根県鹿足郡津和野町
         後田ロ 66-7
 津和野カトリック教会
 TEL (0856) 72-0251
 FAX(0856) 72-0282


 2022年 7月17日 年間十五主日


 隣人とは誰ですか ルカ10:25−37

 良いサマリア人のたとえ話から学ぶこと
 一つは追剥に襲われ、半殺しの目に遭った人を助けた人は祭司でもレビ人でなく、ユダヤ人からは異端者のように軽蔑されていたサマリア人であったということ。
 日頃立派なことを話していても、いざその場になると避けて通りたくなる人間的な弱さを誰しも持っているということでしょう。いやかえって無関心や無視していた、あるいは批判していた人々や小さな人が心のある方かもしれない。自分だったらどうしただろうか。

 二つ目は隣人とは誰かという問いです。
 律法の専門家は自分を正当化しようとして、「自分の隣人とはだれですか」とイエスに問いかけます。普段から律法に忠実に生きているとの思いがあったのでしょうか。隣人愛のことは常に意識し、実践はしてきていると。
 イエスの答えは「半殺しにあった人の隣人とはだれか」と問い返されました。この視点の逆転が必要に思います。兎角自分中心に物事を考えがちなところがありますが、他者の立場に立って考えてみることの必要性を教わります。
 今日の福音を今一度、黙想いたしましょう。