■住所:

〒699-5605、
島根県鹿足郡津和野町
  後田ロ 66-7
津和野カトリック教会
TEL (0856) 72-0251
FAX(0856) 72-0282



乙女峠について


乙女峠の使徒


               岡崎祐次郎神父

              (パウロ・ネーベル神父)


               ドイツ国から日本国に帰化した、


               岡崎祐次郎神父によって


               昭和二十六年(1951年)に
               乙女峠記念聖堂が


              建築された。

   

1896.3.29 明治29. ドイツローリンゲン州ファルス市で出生
1915. 大正4.   世界第一次世界大戦出征 ドイツ帝国軍兵士として聖地エルサレム・ベトレヘムで戦傷
1927.8.18 昭和2. 司祭叙階
1928. 昭和3.  イエズス会宣教師として来日
1939.秋 昭和14.日本カトリック教会広島司教区 乙女峠地目 田・畑約3段4畝を購入
1946.10.23 昭和21.津和野カトリック教会主任任命
1947.11.2 昭和22.  初めの殉教者記念式(至福の碑):千人塚となり(隣)
1949. 昭和24.乙女峠広場作り
1951.5.13 昭和26 ネーベル神父 聖母マリアと36人の殉教者に捧げる聖堂として「乙女峠記念堂」を建立
1952.5.11 昭和27   第1回「乙女峠まつり」開催 以後毎年開催 2009.5.3に53回目の「乙女峠まつり」を開催
1953. 昭和28.もとの氷漬の池と昔の井戸の堀直し
1962.7.24 昭和37. 日本に帰化 岡崎祐次郎と改名 (津和野町教育委員会記録では1955(昭和30.7.17))
1972.5. 昭和47. 病床の姉の見舞と殉教の聖地である乙女峠を西欧の地に紹介する目的でドイツに一時帰国
1976.8.2 昭和51.老衰のためウエストファリア州ムンスター市 イエズス会修道院で逝去

享年80才

資料:津和野カトリック教会資料室  
       津和野教育委員会著「乙女峠とキリシタン」